任意整理Q&A 任意整理手続の概要

任意整理のメリット・デメリット

Q2.任意整理のデメリットは何ですか?

 任意整理の場合,確かに利息制限法の上限金利(15%~20%)まで借金が減額されますが,自己破産のように借金が完全にゼロになってしまうことはほとんどありません(もちろん,引き直し計算を行った結果,過払い金が発生していれば話は別です)。また,最初の借入時の金利が利息制限法の上限金利の範囲内であった場合には,引き直し計算によってもほとんど借金を減額することができません。

 自己破産や民事再生も同じなのですが,任意整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録(いわゆる「ブラックリストに載る」)されてしまいます。任意整理の登録期間は約5年間といわれていますので,その間は新たな借入や新しくクレジットカードを作ることは難しくなります。しかし,いずれ返済が滞ってしまえば,結局ブラックリストに載ることは避けられませんので,過剰にこれを危ぶむ必要はありません。

ページトップへ

Q1.任意整理のメリットは何ですか?
まず,取引開始時までさかのぼって,利息制限法の上限金利(15%~20%)に・・・(続きを読む

ページトップへ

任意整理について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

任意整理に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所