任意整理Q&A 利息について

Q2.グレーゾーン金利とは何ですか?

 利息の上限を定めた法律は利息制限法と出資法の2つがあります。利息制限法では元本の金額に応じて(10万円未満・・・20%,10万円~100万円未満・・・18%,100万円以上・・・15%)という上限を定めています。これに対して,出資法という法律では,改正貸金業法が完全施行される以前の利息は最高年利29.2%であり,これを超える利息は刑事罰の対象となることが定められていました。
 そのため,20%を超える利息は民事上無効ではあるけれども,29.2%以内の利息であれば刑事処罰はされないということになっており,この民事と刑事の金利の差がグレーゾーン金利と呼ばれていました。
 貸金業者は,このグレーゾーン金利を利用して民事上無効な利息により,大きな収益を得ていたのです。

ページトップへ

Q1.利息制限法とはどのような法律ですか?
利息制限法とは,借金の利息の上限を定めたもので,これを超える利息は無効・・・(続きを読む

ページトップへ

任意整理について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

任意整理に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所