ご相談者の声

任意整理の声

「給料日に必ず返す」と言われ、代わりに借金をしてしまい、気付けば借金は255万円まで膨らんでいました
H・Aさん(茨城県・女性・任意整理/過払い金返還手続・返済中)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

10年程前、知人を通じてある男と知り合い、1ヵ月くらいたってから「今、5万円が必要なのだが、キャッシュカードを作ってとりあえず5万円貸してもらえないだろうか」という相談があり、「来月の給料日に必ず返すから」との言葉を信じてしまい、T社のキャッシュカードを作ってその場で5万円を渡してしまいました。
その後、私の財布からカードを持って行かれてしまい、融資額の全額を使われてしまったあげく、返済もしていない間に男は自分の携帯からA社、P社…など数社に私名義で融資の申し込みをしていました。
家族には内緒だったため、男におどされていた事もあり、返済に困った私は男に逆らう事ができずズルズルと10社に計255万円の借金をしてしまいました。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

最後の頃はヤミ金にも手を出してしまい、毎日毎日携帯や家の電話に何社からも取り立ての電話がかかってきていました。
少額ではあるものの返済はしていましたが追いつかず、電話の音が鳴るたびにビクついて頭がおかしくなりそうでした。
男からの返済は1円もなく、もう限界だと感じ、家族も私が何かとんでもない事に巻き込まれているのでは…?!と感じ始めていたので家族に全てを話し何とか自分で返済していこうと思っていたのですが、職場にまで取り立ての電話がかかってくるようになり、仕事を続けられない状態で何度も職場を変えざるをえませんでした。
働いて返済しようという気持ちとはうらはらに、働くこともできないような状態でした。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

過去に代表の石丸弁護士がTV出演されていた番組を拝見しており存じ上げておりました。
依頼をお願いしようと思ったキッカケは裁判所からの通知が届き、もうどうすれば良いのかさえ分からなくなっていたため、一刻も早くなんとかしなければという思いでお伺いする事にしました。
このような多重債務に至るまでの経過が、自分にもたくさんの落ち度があったため、どこからどんなふうにお話しすれば良いのか迷いましたが、最初は淡々とした事務的な対応がとても恐く感じて、途中から泣き出してしまいました。
しかし、途中から「泣かなくて大丈夫ですよ、大丈夫ですから泣かないで下さい」と言って頂き、その時は本当に救われた思いでした。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

取り立ての電話やハガキや通知が届かなくなった事は、家族への負担もかなり減り、電話にビクつく事もなくなりました。
ただ、10年経過した今でもトラウマではないでしょうけど、家の電話に自分から出る事はなくなりました。


和解交渉・減額幅・事務員の対応・和解締結後の返済等はいかがでしたでしょうか。

自分だけではどうにもならなかった事、全てにおいて対応して頂き、和解交渉の結果、無理のない程度で(毎月25,000円)返していく事ができました。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

やはり、何も知らずに簡単にサラ金に手を出してしまいましたが、ほとんどのお金は使われてしまい、自分の元には多額の返済だけが残り、その借金総額255万円のうち全額を返済できた訳ではなく、時効を使ったものもありますが、貴社に依頼をお願いし返済できた事はひとつの心の荷がおりた…という気持ちです。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

弁護士費用についてはお伺いする前に電話でご説明いただいておりましたので、1万円だけ用意して行き、残りは分割にしていただけたのがとてもありがたかったです。
依頼するにあたって、とても多額の費用がかかるというイメージがあったので、分割が可能なのはとても助かりました。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

今回の債務整理に対応して下さった全てのスタッフの方々に感謝しております。
現在も私のように何らかの理由で借金で苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃると思いますが、そんな方達に言いたいです。「1人で悩まず、まずアディーレに相談してみて」と…。

そして1人でも多くの方達を助けてあげてほしいと願います。もし私に何かあった時にはまた力を貸して下さい。
再び新しいスタートを切れました事に、心より感謝申し上げます。3年間本当にありがとうございました。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所