ご相談者の声

任意整理の声

本当に新たな「再生」のスタートラインに立つことが出来ました
T・Kさん(男性・任意整理/過払い金返還手続)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

最初は子ども達の学費の補助という形で借りました。
しかしその「借り易さ」が深くて大きい「落とし穴」でした。

いつでも借りて使える自分の“金”という錯覚。「金利」というものに対する「甘さ」。遊び、女性関係…。

いつしか元金だけで370万ほどにふくれあがっていました。
10数年も前から。典型的な破滅を前にした「自転車操業」でした。


当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

何とか「利子」分だけは入れていたので滞納・取立はありませんでした。
しかしその利子分さえ払えない状況が目前に迫ってきていました。


相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

本当のことを(実情を)ありのままに話すことから始まった電話での応対。
厳しさの中に安心感を抱かせるに十分の回答。
遠距離だったため電話で2時間近くお話しましたが、そのことが信頼度の大きさにつながりました。

本当に有り難かったと思っています。
『日刊スポーツ』一面に載った「アディーレ」さんの広告。それを見たのが全てでした。


当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

次から次へサラ金・他の支払いに「ATM」をはしごした日々。

入金した後に次はどのようにして金を工面しよう。
寝ても起きても、支払い(金の工面)が身体全体から離れなかった依頼前。

それが受諾していただいたその日からひとつひとつ消えて行き、「よしやってやるぞ。新しい生活(借金のない)を築き上げてみせる」という強い前向きの姿勢に変わっていきました。


和解交渉・減額幅・事務員の対応・和解締結後の返済等はいかがでしたでしょうか。

「受諾」して頂いた後は全てお任せという心境でアディーレさんの各担当の皆さんに全幅の信頼を寄せていました。

また担当の皆さんもひとつひとつの疑問に丁寧に応えて頂き遠距離での不安も全くありませんでした。
元金の370万が全く消え「過払金」として370万円も戻ってくるなんて夢みたいな話しですが本当に戻ってきました。


債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

あの頃(ついほんの数ヶ月前)の焦燥にかられた生活がウソのようです。

本当に新たな「再生」のスタートラインに立つことが出来ました。
心のゆとりを持つことがこんなに素晴らしいなんて・・・。


弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

毎月、各金融会社に支払う金を費用支払いに回しました。
費用額については高いと思いません。
なにより「分割」で毎月積立て方式で送金出来ること、非常にありがたかったです。


以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

あの時「日刊スポーツ」買い、「アディーレ」さんの広告(記事)を目にしていなければ、より深い“地獄”の闇の中をさまよっていただろうと思います。

一般の人間にはまだまだ「弁護士」という名称とその仕事に対するハードルの高さはかなりのものがあるのではと思います。

そこを親しみのもてる表現、話しかけで切り開かれたアディーレさんの「存在」は本当に大きなものだったと思います。

アディーレさんを知って良かった。お願いして良かった。
今、心からそう思います。

  • アンケート原文をみる

ページトップへ

アディーレ法律事務所